こめ油サワードウパン

こめ油サワードウパンのレシピと作り方

こめ油サワードウパン

材料:

– バター 20g
– 砂糖 20g
– 塩 小さじ1/2
– 牛乳 120ml
– こめ油 60ml
– レモン汁 大さじ1/2
– レーズン 30g
– 強力粉 250g
– 温水 100ml
– ドライイースト 小さじ2

作り方:

1. バターをレンジで湯煎し、柔らかくしておく。
2. 大きめのボウルに、砂糖・塩・牛乳・こめ油・レモン汁・レーズンを入れて混ぜる。
3. 強力粉をボウルに入れ、中央に井戸を作ってドライイーストを入れる。
4. 温かい水を加え、生地を作る。
5. 指で生地を押すようにして、10分以上こねる。
6. 小麦粉をまぶした台の上に生地を出し、手で丸めながらこね続ける。
7. ボウルに戻し、ラップで包み、30分程度発酵させる。
8. オーブンを190℃に予熱する。
9. 発酵した生地を台の上に取り出し、手で押し伸ばして長方形にする。
10. パンを巻き、巻き終わった部分を下にして天板にのせる。
11. 残りのバターを刻んで、パンの上に散らす。
12. オーブンで20分ほど焼き、表面がきつね色になるまで焼く。
13. オーブンから出し、冷めるまで放置する。

ポイント:

– こめ油を使うことで、パンに香ばしさが生まれます。
– サワードウパンは、レーズンとの相性が良いです。
– 温水は40度程度がベストです。熱すぎるとドライイーストの発酵に影響が出ます。
– 焼きあがったパンに、ハチミツやジャムを塗って食べると美味しいです。

タイトルとURLをコピーしました