会社案内

ごあいさつ

greeting_president_photo

マックスバリュ九州とイオン九州との食品事業の統合で、食品小売業NO.1を目指す

 今期、マックスバリュ九州とイオン九州との食品事業の統合が、いよいよ実現することとなりました。この統合によって、グループに今まで以上のパワーを、業界に大きなインパクトをもたらし、九州における食品小売業NO.1を目指したいと考えています。
 グループが大きくなることによって、社員一人ひとりの得意分野を今まで以上に生かす場が生まれますし、店舗数の増大によって、グループが開発した様々なPB商品をより多くのお客さまにお届けすることがでまきす。また、物流の一本化が可能となることで、コストの低減化が実現でき、その点でもお客さまに還元できると思います。同時に、商品企画から製造、小売までを一貫して行うSPA化をさらに推進し、価格競争だけに陥らない楽しさやおいしさ、お得感等といった多様な価値を持った商品を生み出していく考えです。
 この際にも“ベストローカル”という視点をれ忘ず、地元のメーカー様や生産者の方々との結びつきを大切にし、商品開発や販売促進等の場面で頼りにしていただける企業になることができればと考えています。九州圏内には、高級品としてのプランドカを持つ農産品や農産加工品も多くありますが、私たちは、日々の生活を支える普段使いの商品を魅力的に、より喜んでいただけるよう、努力を重ねていきたいと思います。商品開発においては、規格化・単一化に陥らない多彩な商品を生み出すことで原料を無駄なく使いきる工夫を行い、生産者の方々の苦労にお応えする考えです。
 お客さまのライフスタイルの変化に呼応した商品開発や店舗経営を行うことは、私たちの命使です。近年、24時間営業の店舗は一般的ですが、最近ではその是非が問題になっています。24時間営業をしないという方向性もありますし、また、24時間営業がスタッフの負担にならないよう、後方支援体制を整備するという方法もあると思います。ひとつの視点にとらわれず、多角的なものの捉え方をし解決策を見出していくことが、私たちの取り組むダイバーシティの実現にもつながるとえ考ます。
 これまで、社内でのダイバーシティヘの実践によって、従業員一人ひとりの個性や家庭事情に応じた働き方、女性店長の登用等が実現できていると思いますが、貴重な人材の能力をさらに生かすために、私たちが気付き、変えていくべきことはまだまだあると思います。例えば、セルフレジや簡単ポスの導入によりレジを打つ時間にそれ以外の作業ができるようになり、お客さまのレジ待ち時間の短縮にもつながっています。また、従業員教育プログラムの見直しも大切な課題と考えており、画ー的な研修ではなく、各自の能力に応じた教育および技実研修の実践に向け、尽力しているところです。
 こうした私たちの取り組みの原動力は、「すべてはお客さまのために」との思い、「九州におけるスーパーマーケット事業のリーディングカンパニーになる」という思いです。原点にある強い思いを忘れることなく、お客さまに地域で一番に頼りにされ、親しまれるスーパーマーケットであるために、常に変化し、着実に進んでいくために、努力を続けていきたいと思います。

経営ビジョン

「すべてはお客さまのために」を原点に
ベストローカルを実現し、九州におけるスーパーマーケット事業のリーディングカンパニーになる

greeting_vision

経営理念

  • お客さま第一に徹して、お客さまの喜びを私たちの喜びとします。
  • お客さまにとって価値ある商品とサービスを提供します。
  • 信頼される企業市民として 地域社会に環境保全・社会貢献活動をします。
  • 従業員を尊重し、成果に対して 正当な評価をして働き甲斐のある職場の実現をします。
  • 常に絶えざる革新に挑戦し、高い生産性と収益性を実現します。