環境に配慮した商品

イオングループ開発商品である「トップバリュ」を中心に「トップバリュグリーンアイ」などの環境に配慮した商品・サービスの提供を推進しています。
また、容器包装資材への環境配慮として、農産物を中心にコンテナ活用による納品を積極的に行っています。

トップバリュグリーンアイ

グリーンアイの画像

地域の食に合わせたトップバリュ商品の開発

地元・九州で製造・生産された商品を積極的に販売することで、地元企業や生産者と消費者の架け橋を担い、地産地消の推進をはかっていきたいと考えています。

(一例)トップバリュ_熊本県天草産たたきめかぶ/鹿児島県産うまみ和豚/原木栽培どんこ椎茸

「バラ売り」で省資源を推進!

店頭において、商品の容器や包装を少しでも減らすために、野菜・果物を中心にお総菜や肉・魚において「バラ売り」「はだか売り」を行っています。

item_ph_2

「リターナブルコンテナ」

野菜や果物は、商品の輸送に繰り返し使え、陳列什器(じゅうき)としても活用できるリターナブルコンテナで納品されています。リターナブルコンテナの利用を拡大することによって、ダンボールの使用量を削しています。

item_ph_3
地産地消|フードマイレージ削減と地域に根ざした商品販売

フード・マイレージ (food mileage) は、「食料の ( = food) 輸送距離 ( = mileage) 」という意味であり、食料の輸送量と輸送距離を定量的に把握することを目的とした指標ないし考え方です。
地元の野菜、地元の魚、地元の日配品や加工食品など、地域の消費者の皆さまに愛される商品を取り揃え提供していくことで、CO2(二酸化炭素)の削減だけではなく、地域の皆さまに喜ばれる「地産地消」を推進しています。
「地産地消」によって、産地と食卓の結びつきを蜜にしていくということは、地域ならではの食文化を伝承していくことあり、その地域ならではの食文化を伝えていくことは、地域に根ざしたスーパーマーケットとして私たちの大切な使命のひとつであると考えています。

直方新入店(地元のエンゼルパン)、新託麻店(トーフのたしろ屋)1丁300円、400円でも売れてます。